寄与分の問題 : 最近、母が亡く…
Faq6538

寄与分の問題 : 最近、母が亡く…

トップページ » Q&A » 寄与分の問題 : 最近、母が亡くなりました。遺産として不動産が存在します。私は、亡くなった母が、この不動産を購入するにあたり、資金援助を行いました。相続人として私の他に弟がいます。資金援助を行った私が弟と同じ割合で相続をするのは不公平ではないでしょうか。

質問と回答


答え

相続人の一人が、亡くなった被相続人(上記のご相談でいえばお母様)の財産の維持又は増加に寄与(通常期待される程度を超える貢献)をしたのにもかかわらず、相続に際して、寄与を行った相続人(上記の例で言えばご相談者)が、他の相続人(上記の例で言えば弟様)と同じ相続分を受けるとすれば、不公平が生じます。

そこで民法904条の2は、相続人の一人が、被相続人の財産の維持又は増加に寄与した場合には、このことを遺産分割において考慮することを定めています。

 少し難しい説明になってしまいましたが、上記の例では、ご相談者が、お母様の財産の増加(不動産の購入)に寄与したことを踏まえて遺産分割がなされることになります。

その他のよくある質問と回答


所在地 山口県下松市西柳二丁目2-30 グラストン高杉2-3
TEL.0833-48-8657 FAX.0833-48-8637
営業時間 9:00〜17:15(月〜金)
※夜間・休日のご相談にも対応いたします。
Copyright©2022 弁護士 山本直 All Rights Reserved..